シリンダーサイズの重要性について

シリンダーサイズはとても重要です・・・

  ■大人のおもちゃ屋さんのポンプではペニスが大きくならない理由。

よく大人のおもちゃ屋さんで売っているような(特に外国製の)増大ポンプは、
内径がデカいものが多いですよね。

内径が6センチとかそれ以上だったりと、とても大きかったりするんですが、
残念ながら我々日本人の男性は、それにフィットするペニスを持ってる方はほとんどいません。

日本人のペニスの太さの平均は、4センチ前後だと聞きますし、
そんな方が、6センチもあるシリンダーでトレーニングしても、ペニス増大の効果はほとんど得られないと思います。

なぜなら、ペニス増大ポンプでペニスを大きくするためには
「自分にフィットしたシリンダーで吸引すること」 がとても重要だからです。


■大き過ぎるシリンダーでペニスを吸引するとどうなるか・・・?
大きいシリンダーで吸引すると・・・
大き過ぎる“ガバガバ”なシリンダーで吸引すると、
ペニスとシリンダーとの隙間があり過ぎるために、
その隙間を埋めようとペニスは「横方向ばかり」にどんどん膨らんでいきます。

吸引されたペニスは、まるで風船のように膨らんでいくばかりで、その結果、
ペニスはせいぜい多少太くなるだけでほとんど長くならないという現象が起きてしまいます。
(それどころか太さにもほとんど効果がないという経験者の意見も多いです)


また、「フグ」という現象に悩まされることにもなります。

「ふぐ」とか「フグる」とも言いますが、
デカいシリンダーを使うと、横の隙間があり余っているために、
先ほども言いましたが横方向に膨らもうとしますので、包皮がどんどん膨らんでいきます。

その結果、こんな風にぶくぶくのペニスになってしまいます。
フグり画像
これは私がミスターハイのLシリンダーで吸引してた頃の画像ですが、
私のペニスが4.2(直径)しかないにも関わらず、
内径6.5のLシリンダーで吸引した結果、こうなりました。
(この頃は私も無知で、情報がなかったために、いっぱいフグらせてガンガンやっていました)

このように、ペニスに対して大き過ぎるシリンダーを使うと、
「増大もしないしフグるばかりだし、何も良いことがない」
というのは、多くの増大ポンプ経験者が証言していることです。

※フグについて
フグとはいわゆる浮腫(むくみ)の一種で、ペニスの包皮が水ぶくれのように腫れる現象で、
ペニスがぶよぶよに腫れて、特に亀頭下の部分が大きく腫れ上がることが多いのが特徴です。
これは、吸引により体液が上へ上へと上がってくるためにこのようになるのですが、ポンプトレーニングをしている人とっては格段珍しい現象ではなく、1日や2日ほっとけば自然に元に戻りますのでさほど心配はいりません。ただし、何度も繰り返していると確実に皮=包皮が伸びてきますので、極力フグらせないことが大切です。
またフグは個人差があり、なりやすい人となりにくい人がいて、包皮が少ない人はなりにくいと言われていますので、元々皮が少ないズル剥けの方や、包茎手術をして皮が無くなった人は、ほとんどフグらない可能性があります。

逆になりやすい人は、さほどシリンダーがデカくなくてもなる場合があり、特に「亀頭下」がフグりやすいので、そういう人はテーピング(参照 ミスターハイ体験ブログ「ビニールテーピング」などで対策をして、余計なフグの心配をすることなく、ペニス増大に専念するのがベストだと思います。


とにかく「大き過ぎるシリンダーで吸引するといい事がない」という話でしたが、
ではどうしたらいいのか・・・?


■適切なシリンダーで吸引すればいいのです! 適切なシリンダーで吸引すると・・・
自分のペニスに合った適切なサイズのシリンダーなら、
吸引されてある程度膨張して横方向への行き場をなくしたペニスは、
あとは必然的に前方に引っ張られることになります。

ある程度横に拡がった後は、どんどん前方向に引っ張られていくことになりますので、
つまり、ペニスは縦方向にも横方向にもバランスよく吸引されますから、
こうして晴れて、ペニスは長さも太さもきちんと増大するというわけです。

無駄にスペースがありませんからフグにもなりませんし、ペニスも増大していくという、
理想的なパターンです。


■少しずつステップアップしていくのが大事。

大人のおもちゃ屋さんのポンプでは(全部ではありませんが)ペニスは大きくならない理由をお話ししましたが、
ペニス増大ポンプは、パワーももちろんですが、それと同等かそれ以上に
『シリンダーサイズがとても重要』だということが分かると思います。

パワーが足りなくてもペニスは大きくなりませんが、
逆にいくらパワーがあっても、シリンダーサイズが合ってないとペニスは大きくなりません。

ペニス増大のためには、パワーとシリンダーサイズがとても重要ということですが、
パワーゲージは、パワーは当然のこと、シリンダーサイズは3.8〜5.5まで6種類ありますから、
おそらくほとんどの男性に合うシリンダーがあるはずです。
(選び方は「どのセットを購入したらいいのか?」参照)

ただ、ペニスはトレーニングにより徐々に成長して大きくなっていきますから、
最初は一番フィットしたものから始めて、
成長に合わせて次のシリンダーにステップアップしていくのが理想形です。

最初に使っていたシリンダーが小さくなる時がくると思いますから、
例えば、4.1から始めて、2ヶ月後には4.4に・・・という風に、
自分のペニスの成長に合わせてシリンダーも徐々にステップアップしていくのがベストです。

このように、自分のペニスサイズや成長に合わせてシリンダーを自由に変えることができるので、
ペニスは徐々に、そして無駄なく“憧れの巨根”へ成長していくことができるのです。

 ※いつもありがとうございます。「1日1票」よろしくお願いしますm(_ _)m  
投票ありがとうございます!
⇒ブログランキング投票